「ゆっくり阿蘇を満喫して」 大観峰にDJポリス登場

西日本新聞 熊本版 松本 紗菜子

 熊本県警阿蘇署は24日、大分県警竹田署と合同で、阿蘇市山田の大観峰駐車場で、バイクなどによる事故防止を呼び掛けた。阿蘇署地域交通課の舩本貴試巡査部長(48)がDJポリスとしてマイクを握った。

 同署によると、ツーリングを楽しむ人が増える毎年10~12月は交通事故が多く、昨年は管内で5件の交通死亡事故があったという。今年は今月10日に同市で死亡事故が起きた。

 車の上に立った舩本さんは「車やバイクもソーシャルディスタンス、車間距離を心がけて」「法定速度を守って、ゆっくり阿蘇を満喫して」とテンポよく語りかけた。両署員ら36人が観光客に交通安全を呼び掛けるチラシなどを手渡した。

 熊本市から大型バイクで訪れた佐多良章さん(34)は「阿蘇の道はサーキット場ではない。スピードに気を付けて景色を楽しみたい」と話した。

(松本紗菜子)

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ