櫛田神社で御神幸行列 博多おくんちフィナーレ 「松囃子」も特別参加

西日本新聞 ふくおか都市圏版 手嶋 秀剛

 五穀豊穣(ほうじょう)に感謝する櫛田神社(福岡市博多区上川端町)の秋季大祭「博多おくんち」を締めくくる御神幸行列が24日、氏子地域の博多部一帯であった。みこしを載せた牛車を中心に、烏帽子(えぼし)姿の氏子たちや雅楽の隊列が、秋晴れの博多の街を練り歩いた。

 行列には今春、国の重要無形民俗文化財に指定された博多松囃子(まつばやし)が特別に参加。コロナ禍で開催が見送られた「博多どんたく港まつり」(5月3、4日)で公開できなかった、今年の古式傘鉾(かさぼこ)を披露した。

 時代絵巻さながらの御神幸と、本番と同じいでたちの博多松囃子の行列に、カメラを向ける見物客の姿も。櫛田神社の阿部憲之介宮司は「どんたく、山笠がなかっただけに、おくんちができて良かった。祭りがあってこその博多です」と笑顔だった。

(手嶋秀剛)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ