強いリーダーが好きですか

西日本新聞 オピニオン面 永田 健

 9月29日に開かれた米大統領選の第1回テレビ討論会で、共和党のトランプ大統領が対立候補である民主党のバイデン前副大統領についてこう言った。

 「彼は200フィート(約60メートル)離れていても大きなマスクを着けている」

 トランプ氏はそれまでも度々、新型コロナウイルス問題を巡り、バイデン氏のマスク着用を揶揄(やゆ)してきた。トランプ氏は「マスク着用=コロナを恐れる弱虫」というレッテルを対立候補に貼ることで、「マスクをしない自分=強いリーダー」をアピールする戦略を実行していたようだ。

 その後トランプ氏は自分がコロナに感染し、選挙活動の中断を余儀なくされた。しかし早期に回復したとして選挙戦に復帰。集会では厳しい感染防止対策を進める民主党系知事を攻撃した。マスクをしなかったことへの反省の弁はなく、集会にも相変わらずマスクをせずに登場する。

   ◇    ◇

 公共の場でのマスク着用が定着した日本からすれば「マスクをしない=強いリーダー」というトランプ氏の描く図式は「根本的な勘違い」にしか見えない。

 ただトランプ氏には「強い男」という自己演出への強烈なこだわりが随所に見られる。「マッチョマン(力強く男らしい男)」信仰の厚い米国だけに、その戦略には一定の効果があるようだ。そういえばトランプ氏は一時期プロレス番組に出演していた。

 しかし、プロレスラーならともかく、政治家に求められる「強さ」とはそんな単純なものだろうか。

 例えば、台風が居座る海域をわざわざ横断しようとする船長を「強いリーダー」とは呼ばない。最初から台風を回避して航行するのが良い船長であるのは言うまでもなかろう。危機を突破せざるを得ない状況に追い込まれる前に、危機の所在を認識し、あらかじめ危機を回避すべく動くのが良きリーダーなのだ。

 強さを誇示するための「無謀」や「無茶(むちゃ)」に付き合わされるのでは、国民もたまったものではない。

   ◇    ◇

 ただ気になるのは、政治家はともかく有権者の側にも「強いリーダー」待望感が根強いという事実だ。

 この土壌があるから政治家も「強さ」の演出に走るのだろう。SNSなどでむやみに攻撃的な発信をすることで「強さ」をアピールしたがる政治家が多いのも昨今の風潮である。

 「強いリーダー」待望には、簡単には答えの出ない複雑な問題を前にして、閉塞(へいそく)感に疲れた市民の「何でも良いから誰かズバッと解決策を示してくれ。付いていくから」という願望が投影されている。私自身を振り返っても、コロナ感染拡大が始まった頃「何が本当か分からない」「あちらを立てればこちらが立たず」の問題について考えるうち、そんな気持ちになりかけたことが再三ある。

 しかしそれは一種の怠慢なのだ、と自覚する。民主主義はある意味で面倒くさい。市民の側も絶えず何が正しいか考え、正しいことが行われているか点検しなければならないからだ。時間もかかる。だからといって「強いリーダー」に丸投げすれば、それは危うい。

 なぜなら「強いリーダー」に見える政治家の何割かは、ただの「強がるリーダー」だったりするからだ。

 (特別論説委員・永田健)

PR

社説・コラム アクセスランキング

PR

注目のテーマ