『恋する人生』 下重暁子 著 (学研プラス、1100円)

西日本新聞 夕刊

 元アナウンサーで作家の著者は、84歳の今も心の奥で20代に愛した男性への恋心を「おき火の様」に守り続けている。その自身の恋と重ね、和泉式部や『源氏物語』の空蝉(うつせみ)など歴史上の女性や文学作品のヒロインの恋をとりあげ、恋愛観、人生観を語る。「我を忘れて恋する」ススメ。

PR

読書 アクセスランキング

PR

注目のテーマ