大刀洗でドライブインシアター ネットで資金調達 21年3月開催

西日本新聞 筑後版 内田 完爾

 車の中から屋外スクリーンの映画を鑑賞する「タチアライドライブインシアター2021」が来年3月13日、福岡県大刀洗町役場の駐車場で開催される。「今後が見通せない新型コロナウイルスの感染状況に左右されない催しを」と町が企画。ネット上で資金を募るクラウドファンディング(CF)で、映画チケットか特産品を返礼品として開催資金を調達し、今月21日に目標額の36万円に達した。

 映画チケットは1台3千円で、当日に町内の飲食店で使える500円分のクーポンも付く。事前に飲食物をテークアウトで会場に持ち込むことで、映画と町の美味を楽しんでもらう趣向だ。クーポンが使える飲食店の地図もある。役場の駐車場に高さ約9メートル、幅約13メートルのスクリーンを設置。100台まで参加できる。

 企画を発案したのは町地域おこし協力隊の中津歩弓さん(31)。8月、例年3千人が集う町最大の催し「大刀洗町ドリームまつり」の中止決定前後に、「少しでもにぎわいを」と企画した。町の予算を使うと時間がかかるため、大半をCFで補うことにした。

 CFは15日にスタート。3千円の映画券か1万~3万円の特産品を返礼品に選べる。23日時点で全国各地から75人が申し込み約41万円が集まった。うち映画券の申し込みは40人で、定員にはまだ余裕がある。CFは今も続けており、資金が増えれば上映する映画の幅が広がるという。

 映画券販売はネットだけでなく、役場の窓口などでも柔軟に対応する予定。中津さんは「町には映画館がなく、低予算で子どもたちがわくわくできる場をつくりたかった。全国からの応援に感謝したい」と喜ぶ。

 町地域振興課=0942(77)0173。 (内田完爾)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ