日米共同訓練始まる 宮崎・新田原基地 11月5日まで

西日本新聞 社会面 坂井 彰太

 在日米軍再編に伴う航空自衛隊と米軍の共同訓練が26日、空自新田原(にゅうたばる)基地(宮崎県新富町)で始まった。11月5日まで、土祝日も実施される。

 午前8時40分ごろから、自衛隊と米軍のF15戦闘機計12機が次々と飛び立ち、同11時ごろ、基地へ戻った。訓練は午後も行われた。四国沖の空域で戦闘機戦闘訓練を行ったとみられる。防衛省九州防衛局によると、26日の訓練はトラブルなく終了したという。

 訓練には米軍嘉手納基地(沖縄県)の約200人が参加、宮崎市内のホテルに宿泊している。

 訓練を巡っては、米軍人の宿泊先が従来の基地内ではなく、基地外になったことに宮崎県や新富町など基地周辺の5市町が新型コロナウイルス感染予防などの観点から反発。宿泊を基地内にするよう防衛省に申し入れたが、聞き入れられなかった。 (坂井彰太)

宮崎県の天気予報

PR

宮崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ