水害軽減、一定効果あるが…「川辺川ダムがあったら」検証 熊本豪雨

 今年7月4日に熊本県の球磨川流域で起きた集中豪雨災害を踏まえ、今後の治水対策をどう進めるのか。国土交通省九州地方整備局や県、自治体、関係機関による議論が動きだした。論点の一つが12年前に中止された川辺川ダム建設計画の復活も含めた取り扱いだ。九地整は今月初め、ダムが計画通り完成していればどれほ...

残り 1073文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR