新型車両は「かもめ」九州新幹線長崎ルート 最新型のN700S導入

西日本新聞 古川 剛光

 JR九州は28日、2022年秋ごろに武雄温泉(佐賀県)-長崎間で暫定開業する九州新幹線西九州(長崎)ルートで運行する列車名を「かもめ」にすると発表した。新幹線の最新型車両「N700S」を導入する。

 N700SはJR東海が開発し、今年7月に東海道新幹線で運転が始まった。九州新幹線では1編成6両で当面4編成を導入する。座席数は指定席と自由席合わせて391席。グリーン車は設定しない。

 車両の外観や内装デザインは、九州新幹線「つばめ」や豪華寝台列車「ななつ星in九州」を手掛けた工業デザイナーの水戸岡鋭治さんが担当。外観は白を基調に、下部にコーポレートカラーの赤をあしらった。

 「かもめ」は1961年に長崎行きの特急列車として登場し、現在は博多-長崎間を結ぶ在来線特急と同じ名称。青柳俊彦社長は記者会見で「九州では『かもめ』は長崎をイメージしてもらえる。デザイン性に富んだ車両にしたい」と話した。(古川剛光)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ