宇良関の勇姿「生きる活力」闘病女性、再会願う化粧まわし贈呈へ

西日本新聞 社会面 手島 基

 来年の大相撲九州場所で元幕内宇良関(28)との再会を願う化粧まわしが間もなく完成する。人気の業師を病と闘いながら応援する福岡県行橋市の酒井佐津恵さん(88)が、けがを乗り越えて16場所ぶりに十両へ復帰する11月場所(8日初日、東京・両国国技館)に合わせて贈る。

 手紙や手形のやりとりで励まし合った2人は、宇良関が右膝の負傷で番付を下げ、三段目で優勝した2018年の九州場所後に初めて対面した。自身のけがのつらさは口にしない宇良関に激励され、酒井さんは「病気に打ち勝つ勇気を頂いた」と感激。「関取に戻った際に化粧まわしを贈りたい」と約束した。

 ようやく関取に復帰した宇良関がデザインを担当。酒井さんが約150万円の費用を受け持ち、同年12月に同市であった巡業で勧進元を務めたのが縁で2人の間を取り持つ「一般社団法人 行橋未来塾」代表理事の江本満さん(49)が協力して制作を進めてきた。

 異常タンパク質が神経などに沈着して機能障害を起こす「アミロイドーシス」で入退院を繰り返す酒井さんは「行橋のみんなの力があったから」と、贈呈者を「行橋有志乃会」にした。コロナ禍で11月場所は本来の福岡市ではなく東京開催。江本さんによると、酒井さんは残念がりながらも「来年は九州場所が開催され、宇良関に会えると信じ、それまで生きる活力にする」と前向きに考えているという。「ここからは生き残りを懸けた闘い。頑張る力をもらった」と宇良関。化粧まわしが届くのを心待ちにしている。 (手島基)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ