「コロナが経営に影響」75% 福岡の介護保険施設が苦慮、九産大調査

 新型コロナウイルスの感染拡大により、福岡県内の介護保険施設の7割強に経営への影響があったことが、九州産業大(福岡市)の調査で分かった。感染症対策としてのプラスアルファの出費だけでなく、サービス提供を担保する人的確保に苦慮した側面がうかがえる。研究室として調査に当たった浅川哲郎教授(商学部)は...

残り 926文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

PR

くらし アクセスランキング

PR