恵蘇八幡宮で神幸祭 コロナ収束も祈願、朝倉市

西日本新聞 ふくおか都市圏版 横山 太郎

 福岡県朝倉市の恵蘇(えそ)八幡宮(上原実二宮司)で18日、恒例の秋祭り「神幸祭」があった。今年は農作物の豊作を祝うとともに、新型コロナウイルスの一日も早い収束も祈願した。

 みこ役の子どもたちが「筑紫舞」と「浦安の舞」を境内で披露。その後、荒々しい動きが特徴の山田地区の獅子舞と、笛や太鼓に合わせて華やかに舞う恵蘇宿地区の獅子舞がそれぞれ奉納され、観客から大きな拍手が送られた。獅子や毛やりに先導されたみこし行列は中止された。上原宮司は「獅子舞で魔を払い、浦安の舞で平穏な日常に戻れるよう願いを込めた」と語った。

(横山太郎)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ