突然奪われた晴れ舞台 部員を導く目標模索 演奏会でかみしめた喜び

「コロナ禍の子」(4)リーダー

 「何を目標に練習すればいいのだろう」。福岡県大野城市の平野中2年、本多眞麻さん(14)は、そんな思いでアルトサックスを吹く日々が続く。所属する吹奏楽部は1、2年生だけで36人の大所帯。3年生が引退した今、部...

残り 1849文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR