1年生児童、生徒の門出祝う 商店街で「秋の入学式」 北九州市

西日本新聞 社会面 野間 あり葉

 北九州市門司区の商店街「栄町銀天街」で1日、市内の小中学生約100人が「秋の入学式」に臨んだ。新型コロナウイルスの影響で中止になった入学式を地元団体などでつくる実行委員会が独自に企画し、子どもたちの門出を祝った。マスク姿の子どもたちはやや緊張した面持ちで式に参加した。

 式典には同区内の市立小中学校計12校の1年生児童、生徒が出席。新入生代表の門司中1年、島田侑輝さん(13)は「入学式が中止になったり、休校になったり、当たり前のことが当たり前じゃないと実感した。式を開いてくれた皆さんへの感謝の気持ちを大切にしたい」とあいさつした。

 地元の和太鼓チームは演奏を披露。商店街にはヨーヨー釣りや射的などの縁日ブースが用意され、大勢の人でにぎわった。 (野間あり葉)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ