夏目漱石は小説のほかに多くの俳句を残している…

西日本新聞 オピニオン面

 夏目漱石は小説のほかに多くの俳句を残している。「有る程の菊抛(な)げ入れよ棺の中」の句は、思い人とされる女性の死に際して詠んだもの。やり場のない悲憤をぶつけた句として知られている

▼「鐘つけば銀杏ちるなり建長寺」の句は新聞に掲載された。選んだのは親友の正岡子規という。後に子規は「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」と詠んだ。漱石に触発されて、あるいは対句として誕生したとの説もあるそうだ

▼熊本に赴任後の明治32(1899)年、阿蘇山に登った。「行けど萩行けど薄の原広し」は壮大さに感嘆した句かと思える。けれども実は、山中で道に迷って終日さまよい歩いた折の心情。そう知って読むと途方に暮れた姿が浮かび出る

▼「草山に馬放ちけり秋の空」「馬の子と牛の子と居る野菊かな」も阿蘇での作。神経質で気難しいと評された文豪も、伸び伸びと優しい気持ちで句作していたようだ。悠々たる自然には心を解き放つ力があるのだろう

▼11月に入り、九州でも草木の色付きの便りが聞かれるようになった。コロナ禍で息苦しい人間世界に、自然からのありがたい贈り物である。密でなければマスクを外し、爽やかな空気を吸い込みたい。秋の彩りを借りて、窮屈を強いてきた五感をリフレッシュさせる機会にしたい

▼無論こちらの充足も楽しみの一つ。「秋雨や蕎麦(そば)をゆでたる湯の臭ひ」。阿蘇の温泉宿で漱石の鼻もよく利いた。

PR

春秋(オピニオン) アクセスランキング

PR

注目のテーマ