【動画あり】全日空とピーチが貨物便共同運航 福岡-那覇などで開始

西日本新聞 九州経済面 布谷 真基

 ANAホールディングス(HD)傘下の全日本空輸と格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)が貨物便の共同運航を始めた。新型コロナウイルスの影響で旅客の減少が続く中、需要が拡大している貨物事業を強化し、グループ全体での収益確保を目指す。

 ピーチの旅客機を活用した共同運航は1日の福岡発那覇行きが第1便。全日空の貨物である生鮮食品や生活雑貨562キロを積み込み離陸した。

 ANAカーゴの尾田真九州販売支店長は「コロナ禍で貨物は活発だが、減便などで貨物スペースが足りない。ピーチの参入に期待したい」と話した。

 LCCは着陸から次の離陸までの時間が短く、貨物事業には向かないとされ、ピーチは貨物スペースを空の状態で運航してきた。旅客機には2トンの貨物積載能力があり、1便当たり800キロを上限に生鮮品や電子部品などを輸送する。取扱量や売り上げ目標などの目標は掲げない。

 貨物の共同運航は福岡-新千歳線を含めた1日3便でスタート。12月1日からは路線を順次広げ、成田、関西、中部の発着便にも広げる。国際線への展開も計画している。

(布谷真基)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ