【★どうが★やさしい日本語】ドイツ出身(しゅっしん)の  人(ひと)が、日本(にっぽん)の  文化(ぶんか)を  紹介(しょうかい)する

西日本新聞

ドイツ出身しゅっしんの  ハインツ・レアさんは、2014ねんに  日本にっぽんの  大学だいがくに  留学りゅうがくしました。

福岡ふくおかに  たときに、  福岡ふくおかが  みやすいと  かんじました。

そして、2年前ねんまえから  福岡ふくおかの「SUiTO(いとう)  FUKUOKA」で  はたらはじめました。

「SUiTO FUKUOKA」は、外国人がいこくじんの  観光かんこうきゃくに  日本にっぽんの  文化ぶんかを  紹介しょうかいする  場所ばしょです。

博多はかた人形にんぎょう」という  人形にんぎょうに  いろを  る「け」や、  日本にっぽんの  着物きものを  ることが  できます。

ハインツさんたちが、手伝てつだって  くれます。

あたらしい  コロナウイルスが  ひろがって  いるので、おきゃくさんが  ない  も  あります。

ハインツさんは、安全あんぜんに  日本にっぽんの  文化ぶんかを  たのしんで  もらう  方法ほうほうを  かんがえて  います。

8がつから、ホテルにいる  観光かんこうきゃくに、人形にんぎょうと  けの  道具どうぐを  おくることを  はじめました。

説明せつめいしょを  むと、一人ひとりでも  けを  たのしむことが  できます。

ハインツさんは「観光かんこうきゃくが  すくないのは  さびしいです。でも、いましか  できないことも  あります」と  はなして  います。

 

もとの  記事きじは  こちら

PR

九州ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ