落葉の道を歩いて秋満喫 紅葉の阿蘇北外輪山で散策ツアー

西日本新聞 熊本版 佐藤 倫之

 紅葉に染まる阿蘇北外輪山を散策するツアーが1日、熊本県南小国町であった。広葉樹の森やススキの大原野が広がる一帯は筑後川の源流に当たる。県内外から参加した20人は、落葉でふかふかになった道を歩き、秋本番を満喫した。

 阿蘇くじゅう国立公園を管理する九州地方環境事務所の主催で、パークボランティアが案内役を務めた。紅葉したモミジの葉にも多様な形がある。黄葉のアワブキは、燃やすと枝の切り口から泡を吹くことから名付けられたという。そんな説明を受けながら散策した。

 沿道には紫のリンドウや、白いウメバチソウの花も。平野台高原展望所(恋人たちの丘)からは阿蘇五岳が遠望でき、歓声が上がった。菊陽町の会社員田尻雅(まさし)さん(46)は「長年、オートバイや自転車で阿蘇を楽しんできたが、ウオーキングで阿蘇を再発見したかった。初めて知る風景がいっぱいあった」と話していた。

 (佐藤倫之)

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ