踏切待ち中の車、フロントガラスに樹脂製緩衝材刺さる 佐賀・基山町

西日本新聞 社会面 金子 晋輔

 3日午後6時すぎ、佐賀県基山町のJR鹿児島線けやき台-基山間の踏切で停止していた車のフロントガラスに、踏切内に敷かれた棒状の樹脂製緩衝材(直径約5センチ、長さ50~60センチ)が突き刺さっているのが見つかった。JR九州や県警鳥栖署によると、列車が通過する際、何らかの弾みで緩衝材が外れたとみられる。車の男性にけがはなく、上下線とも約1時間後に運行を再開した。 (金子晋輔)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ