センター地頭江「おしゃべりジュークボックス」初披露 HKT10カ月ぶり東京! 

西日本新聞 古川 泰裕

 11月2日に新常設劇場のグランドオープンを迎えたばかりのHKT48が4日、東京・恵比寿ガーデンホールで「アイアライブ2020」に出演した。グループとしては今年1月以来となる東京でのコンサート。新型コロナウイルス禍で劇場公演の入場者を九州在住者に限る中、関東のファンに直接、笑顔を届けた。ライブは5日も開催される。

 ライブは、HKTメンバー出演のモバイルゲーム「栄光のラビリンス」などのゲームやアパレル事業を手掛ける「アイア」主催。2014年から開催しており今年で7回目。ゲームのテレビCMに登場する選抜メンバー16人を投票企画で決めており、ライブも選抜メンバー中心の構成となった。9月下旬に開催予定だったが、メンバーの新型コロナ感染で延期になっていた。

 ライブでは、最新シングル「3-2」のカップリング曲で、ゲームのCMでも流れている「おしゃべりジュークボックス」を初披露。投票企画で1位となりセンターに立った地頭江音々(20)を中心に、生のステージでチャーミングなパフォーマンスを見せた。

 ようやくファンの目の前で同曲を披露できた地頭江は「(衣装の)ブローチも、緑色なのは私だけ。心臓と同じくらいの早さでぴょんぴょんブローチがはねるのを感じて『本当に1位なんだ』と実感しながら踊れたことが、本当に幸せ」と笑顔を見せた。

 ライブの終盤には「この期間もちゃんと応援してくれていた人が、こんなにたくさんいたんだなと思って、新しい私たちの力になりました」と頭を下げ、福岡から遠く離れた地のファンに感謝を伝えていた。 (古川泰裕)

※出演は、秋吉優花、荒巻美咲、小田彩加、上野遥、栗原紗英、堺萌香、坂口理子、坂本愛玲菜、清水梨央、武田智加、田島芽瑠、豊永阿紀、地頭江音々、渕上舞、渡部愛加里、上島楓の16人

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ