放火し保険金詐取 容疑の男を再逮捕 福岡県警

西日本新聞 社会面 木村 知寛

 福岡県警は4日、現住建造物等放火と詐欺の疑いで、住所不定、無職井祐太容疑者(27)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は2018年9月、同県久留米市御井町のアパート1階の自室に火を付けて床や壁、天井を焼き、保険会社から損害保険金約535万円をだまし取った疑い。「放火はしていない」などと容疑を否認しているという。

 県警によると、井容疑者は出火時、「帰宅したら煙が上がっていた」と説明していたが、その後の捜査で、当時は自室におり、火を付けた疑いが強まったという。

 井容疑者は15年と19年に住んでいた福岡市西区と南区の共同住宅の部屋にも放火し、うち1件で保険金約260万円を詐取した疑いで逮捕、起訴されている。 (木村知寛)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ