【やさしい日本語】大分県(おおいたけん)の「九重(ここのえ)”夢(ゆめ)”大吊橋(おおつりはし)」の  紅葉(こうよう)が  今(いま)  とても  きれい

西日本新聞

大分おおいたけん  九重ここのえまちに「九重ここのえゆめおお吊橋つりはし」という  おおきな  はしが  あります。

くるまが  とおることが  できない、あるくための  ほそい  はしです。

たかさ  777メートルの  場所ばしょに  あって、ながさは  390メートルです。

まわりには  やまがあり、はしの  ずっと  したを  かわが  ながれて  います。

たくさんの  ひとが、はしからの  景色けしきを  に  きます。

いまは、紅葉こうようを  たのしむことが  できます。

紅葉こうよう」とは、あきに  くさや  木の葉きはが  あかや  黄色きいろに  わることです。

11がつ4よっかに  記者きしゃが  ドローン(drone)を  ばして  景色けしきを  りました。

太陽の光たいよう  ひかりで、あかや  黄色きいろの  が  ひかって  いました。

今年ことしの  あきは、あさと  よるが  さむくて、ひるは  あたたかいですから、紅葉こうようの  いろが  とても  きれいです。

紅葉こうようは  来週らいしゅうぐらいまで  ることが  できます。

鹿児島かごしまけんから  た  夫婦ふうふは「いち  たかった  景色けしきです。いい  思い出おも  で  になりました」と  はなしました。

 

もとの  記事きじは  こちら

PR

九州ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ