3年日記を付け続け10冊に

西日本新聞

 ☆今年も残り少なくなりました。私が付けている3年日記は今が最後の年。これを書き終えれば10冊目、つまり30年間の記録が手元に残ることになります。

 最初は果たして3年も持つのかと不安もありましたが、自分でもよく続いたと思います。後で見直すと、あの時はああだった、こうだったと一目で振り返られるので、とても便利です。

 今年は盲腸で入院したり、男のひ孫が生まれたりといろいろありました。また京都に住む別のひ孫たちは踊る姿を携帯電話で見せてくれ、成長の早さに驚き、うれしく感じています。

 先日、新たな3年日記を注文しました。高齢で最後まで付けられるかどうか分かりませんが、もし途切れたらお棺に入れてと家族には伝えています。 (福岡県粕屋郡、女性、92)

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ