『アーニャは、きっと来る』 マイケル・モーパーゴ 著・作画

西日本新聞 こども面

 ナチス占領下のフランスの山間部。羊飼いの少年ジョーは、ユダヤ人のアーニャの父と知り合う。ユダヤ人の逃亡に手を貸す者は銃殺だが、ジョーや村人はユダヤ人の子どもたちを、中立国に逃がす作戦を実行する。映画も公開予定。

(評論社、1540円)

★小学校高学年から

PR

読書 アクセスランキング

PR

注目のテーマ