北九州市でサル出没 5歳男児襲われけがも 注意呼び掛け

西日本新聞 北九州版 白波 宏野 菊地 俊哉 古瀬 哲裕

 北九州市若松、八幡西両区で7~9日、サルの目撃情報が相次ぎ、若松区では5歳の男児がサルに襲われて軽いけがをした。警察や行政が防犯メールで注意を呼び掛け、出没した地域をパトロールするなど警戒を強めている。

 7日午後5時ごろ、若松区小敷ひびきので男児がサルに襲われ、軽いけがを負った。服の腰の辺りにかまれたような跡があったという。若松署には7日、7件の目撃情報があった。その後、八幡西区では8~9日、浅川学園台や中須などで計21件の情報が寄せられた。

 折尾署が9日午前8時ごろ、数十人態勢で警戒中、サルが同区の瀬板貯水池周辺の森に入っていったところを目撃したが、その後、同区南王子町や幸神2丁目で再びサルが目撃された。

 若松区内では11月以降、各地でサルが目撃され、今回の7件を含めて、若松署への通報は約50件に上るという。 (白波宏野、菊地俊哉、古瀬哲裕)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ