元自衛官が大麻密売 SNSで隠語使い集客 九州厚生局、容疑で逮捕

西日本新聞 社会面 山口 新太郎

 大学生らに大麻を密売したとして、九州厚生局麻薬取締部と鹿児島県警が大麻取締法違反(営利目的譲り渡し)の疑いで、元陸上自衛官の男(30)=津市=を逮捕していたことが捜査関係者への取材で分かった。男の自宅からは顧客に関するメモが見つかっており、昨夏以降、全国各地の130人超から約1400万円を売り上げたとみられる。

 男は住吉銀司被告。福岡地検が9月に同法違反などの罪で起訴した。

 起訴状によると、昨年12月と今年1月、長崎大4年だった男子学生に乾燥大麻計7グラムをレターパックで送り、代金4万3800円を受領。4月にも鹿児島県の20代男に大麻2グラムを1万1600円で譲り渡すなどしたとされる。

 捜査関係者によると、被告はツイッターで「野菜」「ドライフルーツ」など大麻を示唆する隠語を使って集客。メッセージが自動的に消える通信アプリに誘導してやりとりしていたという。

 昨年3月まで三重県の陸自久居駐屯地に勤務していた。 (山口新太郎)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ