女性切り付け事件 工藤会系組幹部2人は無罪主張 福岡地裁

西日本新聞 社会面

 北九州市小倉北区で2012年、暴力団の入店を禁じる「標章」を掲げたスナックの女性経営者らが切り付けられた事件などで、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)や傷害などの罪に問われた特定危険指定暴力団工藤会系組幹部の田口義高(55)、中西正雄(54)両被告の初公判が9日、福岡地裁(神原浩裁判長)であり、ともに女性経営者の事件について無罪を主張した。

 冒頭陳述で検察側は、入店拒否された工藤会ナンバー3で理事長の菊地敬吾被告(48)=同法違反などの罪で起訴=が威力を誇示するため、組員に女性経営者襲撃を指示したと指摘。田口被告は犯行用の盗難車を組員に準備させるなどし、中西被告は被害者の行動確認を担ったとした。

 田口被告は「共謀の事実はない」、中西被告は「一切関与してない」と述べた。

 起訴状によると、両被告は菊地被告の命令に基づき共謀して12年9月、タクシーを降りた女性=当時(35)=らを刃物で切り付け、殺害しようとしたなどとされる。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ