【やさしい日本語】11月(がつ)に なってから、北九州市(きたきゅうしゅうし)の  町(まち)に  サルが  よく  出(で)ている

西日本新聞

ふつう、サルは  やまに  います。

でも、やまりて  くることが  あります。

サルが  あばれて  ひとが  けがをするかも  しれませんから、注意ちゅういが  必要ひつようです。

いまは、  北九州きたきゅうしゅうで  よく  サルが  て  います。

若松わかまつでは、11がつに  なって50かい以上いじょうも「サルを  た」と  警察けいさつに  連絡れんらくが  ありました。

7なのかは、7かい連絡れんらくが  ありました。5さいの  男の子おとこ  こが、すこし  けがをしました。

男の子おとこ  この  ふくには、サルが  んだような  あとが  ありました。

8ようかと9ここのかには、  八幡西やはたにしで「サルを  た」という  連絡れんらくが  えました。

9ここのかあさ警察けいさつの  ひとが、もりに  はいる  サルを  ました。

でも、そのべつ場所ばしょでまた  サルが  た  そうです。

警察けいさつや  役所やくしょの  ひとは、まちの  ひとに「注意ちゅういして  ください」と  つたえて  います。

そして、サルがそうな  場所ばしょに  って、安全あんぜんを  たしかめて  います。

 

もとの  記事きじは  こちら

PR

九州ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ