角打ち楽しんで 15日鹿島で酒蔵まつり コロナ対策 バス乗員半分に

西日本新聞 佐賀版 河野 潤一郎

 佐賀県鹿島市で15日、人数を限定して酒蔵を巡り、角打ちを楽しむ「秋の酒蔵まつりin鹿島」(実行委員会主催)が初開催される。新型コロナウイルス感染防止のため予約制で、JR肥前鹿島駅などと会場を結ぶ無料シャトルバスは乗車定員の半数で運行、オンライン地酒販売会も予定する。

 定員は800人で、うち200人限定の酒蔵巡りは完売。残り600人の角打ちは鹿島酒蔵ツーリズムの公式サイトか、市観光協会が電話で受け付けている。

 角打ちは午前10時~午後4時、JR肥前浜駅前に約150席を設け、密集しないよう時間帯ごとに予約者を半数に分ける。市内6蔵の純米酒を特製のおちょこに注ぐ。1人2千円。

 市商工観光課は「市内で今年初の地酒のイベント。来春の酒蔵ツーリズムに向けて盛り上がれば」と話す。市観光協会=0954(60)5145。

 (河野潤一郎)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ