撲滅目指す啓発ポスター披露 世界HTLVデー 鹿児島市でイベント

西日本新聞 社会面 片岡 寛

 九州に患者が多い成人T細胞白血病(ATL)などの原因ウイルスHTLV1に関する啓発イベントが、「世界HTLVデー」の10日、鹿児島県庁で開かれた。HTLV1の撲滅を目指すNPO法人スマイルリボン(鹿児島市)の菅付加代子理事長(63)が「偏見をなくし、正しい知識を伝えたい」などと訴えた。

 同法人が作成した啓発用ポスターも披露された。法人のゆるキャラ「すまいるんるんちゃん」が大きくデザインされ「HTLV1ウイルスについて知ることが大切です」と呼び掛けている。ポスターはスマイルリボンのホームページからダウンロードできる。 (片岡寛)

鹿児島県の天気予報

PR

鹿児島 アクセスランキング

PR

注目のテーマ