修学旅行の「農泊」半年ぶり再開 児童「たくさん学びたい」

西日本新聞 大分・日田玖珠版 後藤 潔貴

 農村民泊に取り組む大分県宇佐市のNPO法人「安心院町グリーンツーリズム研究会」は、新型コロナウイルスの影響で4月から中断していた修学旅行生を受け入れた。手洗い、消毒といった感染防止対策を徹底し、半年ぶりに再開。同研究会の宮田静一会長は「これを機に、利用者が少しずつでも戻ってほしい」と期待を寄せている。

 修学旅行生は、佐伯市立渡町台小の6年生101人。同小では例年、修学旅行で九州の他県を巡っている。今年は同市が「県内1泊」との方針を打ち出したことから、農村体験のほか、宇佐市の平和資料館や、別府市の城島高原パークなどを巡る1泊2日の行程を組んだという。

 研究会は宇佐市安心院町で2クラス計66人の農泊を受け入れ、1クラス計35人は豊後高田市の家庭で受け入れてもらった。

 10月30日に安心院町の家族旅行村で受け入れ家庭との対面式があり、児童たちは元気な声で「よろしくお願いします」とあいさつ。4、5人ずつの班に分かれて、農作業や料理などを体験する各家庭に向かった。

 女子児童の一人(11)は「ブドウ狩りを楽しみたい」、男児(11)は「修学旅行ができたことに感謝し、たくさん学びます」と張り切っていた。

 研究会は例年、県外の小中高校約35校を受け入れている。

(後藤潔貴)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ