10月下旬の週末…

西日本新聞 ふくおか都市圏版 古川 剛光

 10月下旬の週末、福岡市役所の近くで、アジア系の外国人女性から声を掛けられた。「これ、読んでください」と手渡された紙には「留学生です。学費に困っています」と書かれていた。「学費と生活のため手作りのお菓子を買ってください」。断ろうかと迷ったが、「留学生のためなら」と1袋500円の菓子を2袋購入した▼夕食後、バス停でも別のアジア系女性が「留学生です」と、菓子を買うよう訴えてきた。「別の留学生から買ったよ」といったん断ったが、500円の菓子を1袋買った▼ところが帰宅後、「留学生」を名乗る女性が菓子販売している姿が全国各地で目撃されているとのネット記事を発見。無許可で手作りの菓子を路上販売することは違法の可能性がある。なんとも複雑な思いになった。 (古川剛光)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ