剣道、感染防止の「規制」に戸惑い 声出せず、「つばぜり合い」も…

「コロナ禍の子」(5)試合

 プラスチックのマウスシールドとマスクを着用して動いてみると、想像以上に息苦しい。剣道にはおなじみの大声は出せず、本調子が出しづらい。福岡市早良区の次郎丸中2年、小野絢菜さん(13)は剣道歴6年。コロナ禍で始まっ...

残り 1812文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR