元別府市課長収賄疑い 浄水場工事で便宜、逮捕 大分県警

 大分県警は16日、同県別府市の浄水場設備工事に絡んで、業者に便宜を図った見返りに現金100万円を受け取ったとして、収賄の疑いで元同市水道局工務課長の藤内泰弘容疑者(60)=同市内竈=を、贈賄の疑いで水道設備会社「東伸エンジニアリング」(東京)の元役員江崎広海容疑者(72)=福岡県福津市渡=を逮捕した。江崎容疑者については健康上の理由で釈放し、任意捜査に切り替えた。

 藤内容疑者の逮捕容疑は昨年2月、朝見浄水場の機械設備更新工事の入札で、東伸エンジニアリングが有利になるよう取り計らった見返りに、江崎容疑者から現金100万円を受け取った疑い。県警は2人の認否を明らかにしていない。

 県警によると、藤内容疑者は同社が落札しやすいよう、設計会社にポンプなどの性能や規格について指示した疑いがある。機械設備の仕様に関して、実質的な決定権限があったという。

 市によると、工事は昨年1月17日に公示され、2社が競争入札に参加。同2月8日に東伸エンジニアリングが1億7937万円で落札した。

 藤内容疑者は今年6月末に市役所を退職。7月から同社に勤務している。 (井中恵仁、稲田二郎)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ