「イケノボーイズ」にお坊さん加入 生け花アピールする“イケメン”

西日本新聞 総合面 大淵 龍生

【ひと】福岡・飯塚市の細川了さん

 華道家元池坊(本部・京都市)が2016年に立ち上げた、生け花の魅力をアピールする男性グループ「IKENOBOYS(イケノボーイズ)」の新メンバーに選ばれた。福岡県飯塚市の僧侶で同県からは初めて選出され、今月4日付で就任。「生け花に親しみがない人にも興味を持ってもらえるよう、しっかりとアピールしたい」と意気込みを見せた。

 550年以上の長い歴史を持つ池坊。各地の華道指導者を養成する教育機関「池坊中央研修学院」(京都市)で、教授を務めていた曽祖父の影響を受けた。大学院生だった21歳のときに華道に触れ、洗練された美しさにひかれたという。

 花を生けるメンズ(男性)、略して“イケメン”としてPR活動に取り組む。今回は全国の応募者の中から、関東や関西、四国などに住む1級建築士や高校生、芸人など17~37歳の個性豊かな8人が加わった。

 九州からは大分県の僧侶松川隆乗(たかのり)さんも選出され、計12人のグループとなった。京都や東京など全国各地で生け花のパフォーマンスやワークショップのイベント活動を展開し、会員制交流サイト(SNS)でも情報を発信していく。

 コロナ禍で各地の華道教室が休止に追い込まれたという。アフターコロナに向けて「花を生ける楽しさ」を伝えるのも役目だ。「(華道は)まだまだ修行中の身。インスタグラム(写真共有アプリ)を使ってアピールしたい」

 華道、僧侶の傍らで保育士資格の勉強にも励む29歳。

(大淵龍生)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ