「福岡から日本を変える」国際金融アンバサダー第1号に岡沢氏 福岡市

西日本新聞 塩入 雄一郎

 福岡の国際金融機能の集積を目指す福岡市は17日、一層の誘致推進を図ろうと、BNPパリバ証券の岡沢恭弥・グローバルマーケット日本・韓国統括責任者に第1号の「市国際金融アンバサダー」を委嘱し、就任したと発表した。

 政府は、福岡や東京、関西圏を候補地に国際金融拠点都市化を目指す。市は9月末に福岡県や地元経済団体と産学官組織「TEAM FUKUOKA」を結成して、誘致に力を入れている。

 アンバサダーの委嘱も誘致活動の一環。岡沢氏が国際金融都市として知られる香港に在住し、国際金融界に精通していることから依頼した。任期は2年。外資系金融に関する情報提供や、誘致活動に関する助言を求めるという。

 岡沢氏は無償での活動を希望。就任に当たり「日本を変えるのは福岡からしかないと確信しております」とコメントした。

(塩入雄一郎)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ