県境を越えて届いた贈り物

西日本新聞

 ☆今月1日、自宅で庭木の枝を刈り込んでいたら、キンギョソウの種が入った袋とメッセージを見つけました。枝に引っ掛かっていたのです。

 メッセージには宇美中学校(福岡県宇美町)の女子生徒の手で「笑顔あふれる平和な世界をつくる」という本人の夢と、生徒が住んでいる町の長所が書かれていました。

 夫が宇美中に電話して尋ねたら、町制100周年記念事業の一環として、町内の小、中学生が風船にくくりつけて大空に飛ばした物の一つだと分かりました。

 県境を越えて届いた種は袋ごと床の間に飾っています。いずれタイミングを計って植えるつもりです。新型コロナで暗くなりがちでしたが、思わぬ贈り物が私を笑顔にしてくれました。 (大分県日田市、女性、73)

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ