アニメ化30周年記念企画「ちびまる子ちゃん展」

西日本新聞 もっと九州面

 29日(日)まで、福岡市博多区の福岡アジア美術館。国民的人気アニメのセル画、絵コンテ、制作の裏側を知ることができる資料約350点を展示する。

 1986年に少女漫画誌で連載が始まり、90年にアニメ放送がスタートした。会場では、登場キャラクターたちの絵のほか、2018年に死去した原作者さくらももこさんが色を塗ってビーズで装飾した白木のこけし、アトリエの壁に埋め込まれた絵が描かれたタイルなども楽しめる。

 入場券は日時指定で、サイト「ARTNE(アルトネ)」からオンライン購入する。完売していない日時のみ、同館でも当日購入可。一般1300円、高大生千円、小中生600円。東映=092(532)1082。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ