昇任試験の問題盗んで合格 消防士を懲戒免職 北九州市消防局

西日本新聞 山下 航

 北九州市消防局は20日、昇任試験の問題のデータを盗んでコピーし、試験に合格したとして、門司消防署(門司区)に所属する30代の男性消防司令補を懲戒免職処分にした。消防局は同日、窃盗容疑で福岡県警に刑事告発した。

 消防局によると、司令補は消防団・市民防災課に所属していた2018年6月ごろから複数回、人事課職員の机の引き出しから、同年9月実施の昇任試験の問題や人事に関する資料を記録した外付けハードディスクを盗み、自身のUSBメモリーにコピーした。

 引き出しは施錠されていたが、机の隙間からハードディスクを取り出したという。倍率21倍の試験に合格し、今年4月に昇任した。

 9月ごろに、司令補から人事評価の資料を見せられた同僚が不審に思い、別の同僚に相談して発覚した。司令補は「試験に合格したかった」と認めているという。(山下航)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ