「街の顔」86年…ミシンの音止まる 今月閉店、江戸-昭和の珍品を市に寄贈

西日本新聞 北九州版 石黒 雅史

 福岡県行橋市の県道行橋停車場線(通称・駅前通り)拡幅事業で立ち退き対象となる老舗ミシン販売店の米山商会(中央3丁目)が、今月で閉店する。市中心街を貫く通りで86年間営業してきた「街の顔」の一つ。店内に展示している江戸末期や明治、大正、昭和の希少なミシンは、閉店後に市歴史資料館に寄贈する。

 1916(大正5)年、裁縫の新時代到来を予感した初代米山栄助さんが豊前市で開業。34(昭和9)年に現地へ移転し、木造2階建ての2階では洋裁学校を経営。戦時中は1階が軍需工場となって軍のシャツなども作った。戦後は主流だった米国シンガー社の総代理店となって九州に販売店を広げる役割を担った。

 2代目辰次さんの一人娘、敏子さん(79)と現社長の信雄さん(83)は結婚した62年から実質的に店を運営してきた。2代目の頃は、購入ミシンを持ち帰るためのリヤカーが店の前に列をつくるほど売れた。その後も国産品が主流となり好調は続いたが「20年くらい前から下火になってきた」と敏子さん。「昔は必ず嫁入り道具にしたものだけど」と渋い表情だ。

 ただ、今もミシンを持つ家庭は多く、経営に行き詰まるほど不調ではなかった。「特に最近は布マスク作りブームでよく売れた」と苦笑いする。

 子どもはいるが後継ぎはおらず、立ち退きを機に2人で引退を決めた。「もう高齢だから、移転して開業するのは無理。仕方ない」と口をそろえる。30日に閉店、12月上旬には取り壊す予定という。

 展示コーナーには古いミシンのほか、炭を入れて熱するアイロンや昭和初期のレジなど珍品が並ぶ。「江戸時代のミシンは初代が新品と交換してもらった貴重な品。ほかにも珍しい物ばかりなので、多くの人に見てほしい」と敏子さん。展示品は資料館に場を移してミシンの歴史を語り継ぐ。 (石黒雅史)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ