10人で会食、クラスターに 熊本市スナックで従業員含め7人感染

西日本新聞 熊本版 長田 健吾

 熊本市は21日、同市北区の焼き鳥店やスナックで会食した50~70代の男女6人とスナックの40代従業員1人の新型コロナウイルス感染が18~20日に確認され、県内14例目のクラスター(感染者集団)に認定したと発表した。市は、接触者を把握できていることから店名は公表しない。

 市によると、感染が判明した利用客らは、7日夜に計10人で会食。長時間にわたりマスクを着用しないまま大声で会話をしたり、マイクを使い回してカラオケをしたりしたという。

 このほか、21日に感染が公表された玉名市の70代男性は、クラスターが発生した同市の通所リハビリ施設「樹心台」の入所者で、同施設での感染者は計11人となった。 (長田健吾)

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ