火野葦平の葛藤たどる 手記や未公開資料など200点 北九州市立文学館 (2ページ目)

西日本新聞 北九州版 白波 宏野

火野と中村哲氏、重なる生きざま

 北九州市立文学館で始まった「火野葦平展」を記念し、火野の生涯を追ったドキュメンタリー番組をディレクターとして制作したNHKの渡辺考さんが講演した。昨年12月、アフガニスタンで人道支援活動中に凶弾に倒れた故中村哲医師とのエピソードに触れ、火野と中村さんに共通する生きざまについて語った。

 渡辺さんは、火野が従軍中につづった手記を読み解く中で「軍と歩調を合わせる一方、一貫して庶民へのまなざしや共感を持っていた」と解説。フィリピンなどかつての戦場を取材する中で見えた、火野の思想やまなざしについて語った。

 一方、生前付き合いがあった中村さんについて、若松区の高塔山で眼下の街並みを見渡しながら「ここがやっぱりいろんな意味で出発点と言ったほうがいいかもしれませんね」とつぶやいたと回顧。火野の母マンに育てられた中村さんの生い立ちなどに触れ、中村さんの「弱い立場にある人たちに対するまなざしの強さ」は火野の姿に重なると振り返った。 (白波宏野)

 

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ