君の歌に足が止まる

西日本新聞 オピニオン面 永田 健

 今の日本社会は、若い人たちにとって、何と生きづらい世の中なのだろう。

 そして若い人たちは、そんな世の中を、何と懸命に生きているのだろう。

 一冊の歌集を手に、そんなことを考えている。

   ◇    ◇

 萩原慎一郎という歌人が出した歌集「滑走路」(角川書店)が、ロングセラーを続けている。

 3年前の刊行以来、単行本は8刷3万部を超えた。今年9月には文庫化され、それも早々と重版が決定。歌集としては「異例中の異例」の出来事である。

 この歌集がこれほど広く世の中に受け入れられているのは、いじめと非正規雇用という、現代の若者が向き合う典型的な二つの「生きづらさ」が作品の背景になっているからだろう。

 <ぼくも非正規きみも非正規秋がきて牛丼屋にて牛丼食べる>

 この20年ほどで急増した非正規雇用。それがもたらす生活の困難、将来への不安を詠み込んでいる。しかし告発調ではない。自分も苦しい中、同様に弱い立場にある人に寄り添うまなざし。その歌からはエールが聞こえてくるようだ。

   ◇    ◇

 こうした題材や作風はもちろん、作者自身の体験と境遇に基づいている。

 萩原さんは1984年東京生まれ。中高一貫の名門校に入学したが、そこでいじめに遭ったのが原因で、精神的な不調に苦しむようになる。通院や自宅療養をしながら、時間をかけて大学を卒業。アルバイトや契約社員として働いた。

 <生きているというより生き抜いている こころに雨の記憶を抱いて>

 17歳の時に短歌に出会った。短歌が生きる希望となった萩原さんは、すさまじい数の歌を詠んで雑誌に投稿。さまざまな賞を受賞し注目の若手歌人となる。2017年には初の歌集を出すことが決まった。

 <きみのため用意されたる滑走路きみは翼を手にすればいい>

 短歌という翼を得て人生の大空に飛び立つ-そんな未来が目の前にあった。

   ◇    ◇

 しかし現実はあぜんとするほど重く、苦い。

 同年5月に出版社に歌集の後書きを渡した萩原さんは、その翌月に突然自ら命を絶った。32歳だった。同年末刊行された「滑走路」は遺作となった。

 その後NHKの番組で作品と人生が紹介され、出版社には「自分が折れそうだったとき、この歌集を読んで頑張れた」などの反響が次々と寄せられた。自ら推薦文の札を作ったり、ブログで本を紹介したりした書店員もいたという。今秋には歌集に発想を得たオリジナルストーリーの映画「滑走路」(大庭功睦(おおばのりちか)監督)が完成。20日から福岡市など各地で公開が始まった。

 「非正規」の側面が注目されがちだが、恋愛や何げない日常を詠んだ歌のファンも多い。「彼の作品の多面的な魅力にも目を向けてほしい」と映画の岩上貴則プロデューサーは語る。

   ◇    ◇

 歌集に載った一首-。

 <路上音楽家の叫び虚しく誰ひとり立ち止まることなく過ぎるのみ>

 そんなことはない。あなたの歌に今、こんなに多くの人が立ち止まっていますよ。もうこの世界にいない萩原さんに、できればこう言ってあげたい。

 (特別論説委員・永田健)

PR

社説・コラム アクセスランキング

PR

注目のテーマ