旬のあら鍋振る舞い 「まつり」PR兼ね「軽トラ市」で 来場者行列

西日本新聞 長崎・佐世保版 福田 章

 長崎県平戸市の商店街で月末恒例の「軽トラ市」が22日開かれ、旬を迎えた高級魚アラを使ったあら鍋の振る舞いがあった。

 市内では五つの宿泊施設と七つの飲食店で来年1月末まで「平戸天然あら鍋まつり」を開催中。平戸観光協会がまつりのPRを兼ね、軽トラ市の盛り上げに一役買った。案内放送を聞いた来場者は200杯限定のあら鍋に行列をつくり、湯気の立つ器に箸を入れた。

 大分県日田市から友人2人と平戸観光に訪れた看護師の小山多美子さん(57)は「薄味でぷりぷりしておいしい。平戸の思い出が深まった」と笑顔で話した。

 同協会の担当者は「アラはうま味があり、コラーゲンも豊富で鍋の王様。期間中、鍋コースとづくしコースを用意しており、多くの人に堪能してほしい」とアピールしている。同協会=0950(23)8600。

 (福田章)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ