旧長崎街道ウオーク「原田―飯塚」 35キロを100人が踏破

西日本新聞 筑豊版 丸田 みずほ

 福岡県筑紫野市原田から同県飯塚市までの旧長崎街道などを歩く35キロウオークが22日に開催され、あいにくの雨の中、約100人が参加した。例年は佐賀県武雄市まで夜通しで100キロ歩いているが、今年は新型コロナウイルス感染予防のためコースを県内に限定し、距離を短縮した。

 参加者は県内外の20代から80代。午前10時に筑紫野市の原田公園を出発し、筑前町の夜須高原などを経由して飯塚市に入った。旧長崎街道の内野宿長崎屋では内野汁、瑞穂菊酒造では甘酒が振る舞われ、英気を養った。

 トップは4時間43分でゴール。参加者には完歩証が贈られた。初めて参加したという北九州市の会社員、加藤克美さん(53)は「冷水峠が結構きつかった。日頃のストレス発散になった」と話した。 (丸田みずほ)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ