アシアナ航空 8カ月ぶりに福岡線を再開

西日本新聞 仲山 美葵

 韓国のアシアナ航空は23日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で見合わせていた仁川(ソウル)発福岡行きの旅客便の運航を約8カ月ぶりに再開した。入国制限が緩和され、福岡空港では17日から中国や韓国発の旅客便の受け入れが認められており、旅客便の到着は初めて。

 到着便には、韓国人のビジネス客や学生、韓国在住の日本人、韓国経由で来日したベトナム人など百数十人が搭乗。九州各地の目的地に向かった。

 韓国人のユ・ヨンサンさん(19)は4月に大分市の日本文理大に入学後、初めて来日し、「遠隔で授業を受けていたが、大学ならではの学びや友達づくりはこれから。わくわくしている」。韓国在住で長男(0)を連れて宮崎県の実家に帰省する女性(32)は「感染者が増えているので不安はあるが、家族とゆっくりしたい」と話した。

 アシアナ航空は12月まで毎週月曜に福岡-仁川の往復便の運航を予定。大韓航空なども今後、再開を計画している。 (仲山美葵)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ