福岡・久留米市内の全教職員に無料でPCR検査実施へ

西日本新聞 平峰 麻由

 福岡県久留米市は24日、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)発生を防ぐため、市内の公立私立すべての小中学校や幼稚園、認可・認可外保育所、認定こども園などの全職員に、無料でPCR検査を実施すると発表した。全国では東京都江戸川区などで同様の取り組みがあるが、県内では初という。

 市によると、検査は来年1~3月に行う。市が把握している小中学校の教職員約1800人と、幼稚園、保育所などの職員約3千人が対象。他にも重症化リスクが高い高齢者や障害者施設の職員にも実施し、合計約1万7100人を検査する予定。市は、検査の事業費5985万円を含む本年度一般会計補正予算案を、市議会12月定例会に提案する。

 検査は1人1回。各施設に唾液を使う検査キットを配る。施設は職員の検体を採取し、市が委託する民間の検査事業者に送る。(平峰麻由)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ