福岡県で初の鳥インフル 宗像市の養鶏場 9万3500羽殺処分開始

西日本新聞 黒石 規之 華山 哲幸

 福岡県は25日、同県宗像市の養鶏場で致死率の高い高病原性とみられる鳥インフルエンザを確認したと発表した。県内で鳥インフルエンザが発生するのは初めてで、国内の養鶏場では今季9例目。県は、家畜伝染病予防法に基づき、この養鶏場で飼育している全約9万3500羽の殺処分を始めた。周辺の養鶏場には鶏や卵の移動制限を指示した。

 国内では今季、11月に香川県の8養鶏場で鳥インフルエンザが相次いで確認されている。野鳥では鹿児島県出水市などで見つかっているが、養鶏場では香川に次いで2県目となる。

 福岡県によると、発生した養鶏場では鶏舎12棟で肉用鶏を飼育。24日午後1時40分ごろ1棟で37羽が死んでいるのが見つかり、管理者が県中央家畜保健衛生所に通報した。養鶏場での簡易検査で陽性反応が出たため、同衛生所で遺伝子検査を実施。25日早朝に高病原性の可能性が高い「H5型」と判明した。

 県は、宗像市や農協の職員とともに約200人態勢で殺処分や消毒に対応しているほか、派遣要請を受けた自衛隊も殺処分の支援を始めた。同日午後5時50分時点で1万2050羽の殺処分を終えた。殺処分は28日の朝までかかる見通しという。

 この養鶏場から半径10キロ圏内には七つの養鶏場があり、計約14万1千羽の肉用鶏や採卵鶏が飼育されている。県は、半径3キロ圏内を鶏や卵の移動を禁じる移動制限区域、3~10キロ圏内は圏外への持ち出しを禁止する搬出制限区域とした。宗像市や同県福津市の主要道路7カ所には消毒ポイントを設置し、畜産関係車両に消毒を行っている。

 県は25日早朝、県幹部による対策本部会議を開催。小川洋知事は「初動対応の徹底による封じ込めが何より大切」と述べ、県内の全152養鶏場に厳重な警戒を要請するよう指示した。

(黒石規之、華山哲幸)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ