「ダム建設阻止」アピール文を県に提出 市民団体 球磨川治水策巡り

西日本新聞 熊本版 古川 努

 球磨川流域の治水策として熊本県の蒲島郁夫知事が表明した川辺川への流水型ダム(穴あきダム)建設に対し、ダム建設に反対する市民団体が25日、県庁を訪れ、熊本市内で22日開いた抗議集会のアピール文を提出した。

 アピール文では「急ぐべきは被災地の復旧・復興。ダムを押しつけることは流域に対立と混乱をもたらす」と主張。「川辺川ダム建設を阻止し球磨川・川辺川を守り抜く」としている。

 集会は複数の市民団体でつくる「7・4球磨川水系大水害を考える県民集会」実行委員会が主催。約300人が参加した。 (古川努)

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ