井上康徳さん追悼展 父萬二さん譲りの温かみある作品100点 29日まで

西日本新聞 佐賀版 糸山 信

 白磁の人間国宝、井上萬二さん(91)=佐賀県有田町南山=の長男で、8月に62歳で亡くなった有田焼の陶芸家、井上康徳さんの追悼展が25日、佐賀市の佐賀玉屋本館6階で始まった。父から受け継いだ技に独自の作風を加えた花器や鉢など約100点を展示販売している。

 康徳さんは同町出身。大学卒業後、陶芸の道に入り、西日本陶芸美術展で優秀賞・文部科学大臣奨励賞、同経済産業大臣賞を受賞するなどした。

 作品は父譲りの温かみある白磁の色合いや形の美しさとともに、青い上薬のグラデーションを用いた幾何学文様などモダンなデザイン性も評価が高い。来場者は別れを惜しむかのように一点ずつ、じっくりと鑑賞していた。

 29日まで。入場無料。佐賀玉屋=0952(24)1151。 (糸山信)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ