スノボ世界4位、佐賀出身の加藤さん「世界一の滑り手」目指す

西日本新聞 佐賀版 北島 剛

 佐賀市出身のスノーボード選手の加藤彩也香さん(28)が17日、県庁を訪れ、1月に長野県で開かれたフリーライドの世界選手権(FWT)で4位に入賞したことを山口祥義知事に報告した。加藤さんは「世界一の滑り手になりたい」と抱負を語った。

 加藤さんは10歳でスノーボードを始め、現在は長野県で活動中。フリーライドは雪山の自然な地形を滑るスタイルで、ジャンプや技術などを採点して競う。加藤さんは1月にあった大会で優勝してFWTの出場権を獲得。同県白馬村で行われたFWT開幕戦の女子スノーボードの部で4位に入った。「(自然の雪山には)手の加えられていない険しさや美しさがあり、やりがいがある」とフリーライドの魅力を語った。

 山口知事は「いずれは佐賀に帰ってきて裾野を拡大してほしい」と要望。加藤さんは「佐賀は自然が多いので楽しい。(将来は)地元の佐賀で、自分でやってきたことを生かしたい」と応じた。

 (北島剛)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ